無料ブログはココログ

« 作品に罪は無い! The works are not guilty! (180)2020/02/14) | トップページ | ピット星人 湖のひみつ from ウルトラセブン (182)2020/05/26 »

2020年3月29日 (日)

謎の円盤UFO  (181)2020/03/29)

1970年のテレビドラマで、その後も何度も再放送され、私が見たのは何回目なのか判りませんが、ストーリーがユルすぎますが、十分楽しめます。スカイドライバーが水中で発信するたびに「炎は百歩譲るにしても煙は出んやろ!」と突っ込みます。

初期の仮面ライダー同様、怖いイメージがあったのに、今見ると、とってもエロい

いわゆる濡れ場はないけれど、1980年(たった10年先?)のSFだが、シャドウなどの秘密組織の女性のユニフォームがみんなミニスカ&ノンスリーブか超ボディコン全身スーツ。

特にムーンベースの紫かつらは意味なくエロイ。

Ufo-moonbase

ムーンベースのゲイ・エリス中尉ことGabrielle Drakeがその中心でしょう。

Ufo-moonbase-gabrielle-drake

実際意味なく着替えのシーンがあったり、男性職員が目の前で見ててもヘーキ。

Ufo-moonbase-2 

男性のスーツは殆どがスタンドカラーっていうんでしょうか、毛沢東タイプか、襟なしノーカラー。

ジャケット着ない時はタートルネック。

Ufo-men

もうデブはシャドウで働いちゃいけない感じです。

不倫ネタの回なんかもあったりして、とても子ども向けとは思えない。

Barry Grayが作る音楽がジャジーでオルガン、ブラス、ギターが主なメロディーを奏でるオープニング。

今聞けば初期の007を彷彿とさせるスパイや刑事ドラマっぽいけど、当時のドラマや映画の流行りっぽくて、サンダーバードと並べると大人向けすぎる。

但しインターセプター出動シーンなどはサンダーバードの音楽をそのまま使い、ほっとします。

キャラだけ残して、リメイクしてほしいものです。

The-barry-gray-orchestra

オワリ

« 作品に罪は無い! The works are not guilty! (180)2020/02/14) | トップページ | ピット星人 湖のひみつ from ウルトラセブン (182)2020/05/26 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作品に罪は無い! The works are not guilty! (180)2020/02/14) | トップページ | ピット星人 湖のひみつ from ウルトラセブン (182)2020/05/26 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31