無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月17日 (月)

樹木希林さん (164)2018/09/17

樹木希林さんが亡くなった。

特別ファンだったわけでもないし、久世光彦氏による初期のドラマを見た記憶はあるが面白いとは思わなかった。
郷ひろみとのデュエットで、テレビで「はにかむ姿」をよく見かけるようになって、
おばあちゃん役が多いけど、カワイイ人なんだと思うようになった。
役者として心奪われたのは、本当におばあちゃんになった11年前の映画「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」。

Photo

一時期好きだった主演のはずのオダギリジョーの芝居も臭く見え、
3年前の「あん」の永瀬正敏などは完全に脇役でした。
両作品とも涙ボロボロ、忘れられません。

Photo_2

詳しくは知らないけれど、恐らく
                 美しくて、うらやまし過ぎる人生??

Kiki_kilin

Ophelia by John Everett Millais. from "Hamlet" by William Shakespeare.
Model : Elizabeth Eleanor Siddal
すてきな花輪を、垂れた枝にかけようと、柳によじ登ったとたん、意地の悪い枝が折れ、花輪もろとも、まっさかさまに、涙の川に落ちました。
裾が大きく広がって、人魚のようにしばらく体を浮かせて―――そのあいだ、あの子は古い小唄を口ずさみ、自分の不幸が分からぬ様子―――まるで水の中で暮らす妖精のように。
でも、それも長くは続かず、服が水を吸って重くなり、哀れ、あの子を美しい歌から、泥まみれの死の底へ引きずり下ろしたのです。

2018年9月 8日 (土)

ウーパーじゃないルーパー (163)2018/09/08

LOOPER(2012)なる映画をテレビで見ました。

主人公ジョーは後に米国の情報管理を暴露して指名手配され最終的にロシアにいる元CIAとNSA職員の実話映画「スノーデン」で主人公をするジョセフ・ゴードン=レヴィット、そのジョーの30年後の役にブルース・ウィリスも出てくるSFで、未来の犯罪組織が過去に出入して金儲けして、最後に捕まえて過去に送って処分するルーパーという仕事の話ですが、最初はそのタイムトラベルの設定と主人公の人生で話が面白いのですが、最後にムリムリ超能力で終わらせるのがイマイチでした。
ところが、終わって「LOOPER」でググってると「TIME AGAIN」なる超ドB級=D級ともいえる映画が見つかりました。LOOPERの直前2011年公開になっていますが、LOOPERとは、タイムトラベルだとかコインだとか、いろんな要素がかぶってます。LOOPERの完成度と役者や制作側のメジャー度からしてからしてLOOPER側がTIME AGAIN側に細かい点で寄せる理由がないので、パクったとは思えません。そもそもどっちがパクったにしても、タイトルとパッケージやポスターにパクリ感はありません。しかし後の日本側の売り方が明らかにLOOPERに乗っかっていて、原題「TIME AGAIN」だったのタイトルが「TIME LOOPER」になり、絵面もLOOPERそっくり。
こんな感じ↓
Time_again_time_looperlooper_a
私はトレイラーしか見ていませんが、TIME AGAINの方は見るだけ時間の無駄の様ですね。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年10月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31