無料ブログはココログ

« Shots fired (156)2017/ 9/30 | トップページ | さよならだよ、ミスター (158)2018/03/25 »

2017年11月 6日 (月)

Long Road Home (157)2017/11/06

Shots fired /運命の銃弾 は面白かったのに評判悪かったのか打ち切り。尻窄みな最期になってました。やっぱりアメリカではハリウッド映画同様の勧善懲悪アクションヒーローでないと万人には受けないのでしょうか?
やっぱりアジアにおける日本人は、白人社会でいうところの英仏人に近い気がします。
The_long_road_home
さて、次に期待しているのが、「ロング・ロード・ホーム」です。
ナショナル ジオグラフィックが中心ということで、アホアホな内容でないことが期待できます。

The_long_road_home_a_story_of_war_a

イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件「ブラックサンデー」2004年4月4日(サダムフセインは2003年12月拘束、2006年12月死刑執行 ISISの活動開始は2006年10月とされる。2010年8月米軍撤退~2014年6月ISIS国家樹立宣言の間に、2004年に解体された元フセイン政権軍幹部がアルカイダ幹部と獄中で合流し、随時出所後ISISとして組織力を強めたと言われる。)を題材としているということで、ISIS問題に流れ込む前の事情がリアルに感じ取れるかなと期待しています。

 

Martha_raddatz

この原作者のマーサ・ラダッツ Martha RaddatzさんはABCニュースのキャスターの様ですがThe Long Road Home: A Story of War and FamilyのタイトルのThe Long Road Homeは「長い帰路」とでも訳すんでしょうかと思っていたら、全く別の話で歴史家のベン・シェファード Ben Shephardさんが「the long road home: the aftermath of the second world war
遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち」という本を書いておられるようで、同じロング・ロード・ホームでもこちらは第二次大戦後に住む場所を無理やり移されたヨーロッパ難民達の話で、なんかこっちのドラマ化の方が面白そう。
因みにこのベン・シェファード さんは先月亡くなっておられます。
Deirezzor20171102
米露合同で支援し始めてから、ISISがシリア軍に追い詰められているという報道が相次いでますが、西側の報道で見る限り廃墟化した町と、ストップした経済活動の元ISIS領土のイラク・シリアに、西欧での暮らしを経験してしまった難民が戻ってくるのか?残ったものだけで生活しても、無理やり戻された人々と合流しても、結局また貧窮が故にあちこちで盗賊集団が出来て、そこへ欧米露の武器商人が儲かるから武器を売って、モトノモクアミってことにならなきゃいんですが。

« Shots fired (156)2017/ 9/30 | トップページ | さよならだよ、ミスター (158)2018/03/25 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490341/72147210

この記事へのトラックバック一覧です: Long Road Home (157)2017/11/06:

« Shots fired (156)2017/ 9/30 | トップページ | さよならだよ、ミスター (158)2018/03/25 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31