無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

BBC Casanova(90)2011/04/23

一か月ぶりにブログ復活ですm(_ _)m

LaLaTVでBBC 2005年のTVドラマ カサノヴァ を見ました。

Casanova_0_276

やっぱりBBCのドラマは良い!

おかげで「色情魔=カサノヴァ」のイメージをずいぶん修正してくれた。

Giacomo Girolamo Casanova

431pxcasanova_ritratto

Wikiでの内容を見ると、ストーリーは伝記からはずいぶん脚色されているがここの出来事はかなり本から盛り込まれているようである。

主役である回想ばなしに出てくる本人の☆☆☆David Tennantは、見た目はカッコよくてかわいくて、知的である。

David_tennant_drwho

古くからあるイギリスのSF Dr.WhoのBBC最新シリーズの主役(10代目らしい)や、最近のハリウッド映画なら、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で死喰い人バーテミウス・クラウチ・ジュニア役も務めた。

Casanova_peter_otoole

1962年のイギリス映画の大作アラビアのロレンスで主演、ラストエンペラーでも11歳の皇帝(国民党中国側からすると既に君主制度が廃止されているので皇帝ではないが)の家庭教師=紫禁城初めての欧米人ジョンストン役も務めた☆☆☆☆☆Peter O'Toole。一見主人公はDavid Tennantであるが、随所随所、そして最初と最後を締めくくるPeter O'Tooleがいなければ、この作品の私の評価は半分以下になっただろう。

Rosebyrne

☆Rose Byrneが一番ハリウッドに近いキャストで今年の夏以降に公開予定の「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 英語名X-Men: First Class」(=これもやたらイギリス系俳優を多用したハリウッド映画です)にも出ているが、Peter O'Toole演じる爺さんカサノヴァの話を聞き出す役目で、爺さんを落胆させない為に嘘をついたまま、死に目を看取ることになる。美人だがそんなに個性が際立った訳ではないし、ある意味他の女優さんでもOKだったと思った。オリジナルの出演者発表では子役より後となのに、一番上の写真(恐らくビデオのパッケージ)にはPeter O'Toole、David Tennantの次になっているのは、やはりハリウッド効果なのか?

Casanova120906_700x389

主人公と婚約までする上の写真の女性二人は、恐らく実在の人物ではないが、とてもよかった。

右の最後まで主人公の純愛対象だったHenriette役スコッチガール☆☆Laura Fraserはちょっと丸顔の時期であるが這い上がってGrimaniとの割り切った玉の輿を狙う役が素晴らしい。

左のBellino役の☆☆☆Nina Sosanyaはもっとすごくて、本当に最初は男かと思ったのに、女装に戻ると女性らしさが出て不思議だった。この人、もっと売れてもよいと思うのにそうでもない。

☆☆☆Shaun Parkesが黒人執事のROCCO役になってるけど、前篇と後編で違う人のように見える。痩せたのか?息子のJack役は大人になるほどイマイチキャストだった。

敵役Grimani役の☆Rupert Penry-Jonesは良かったけれどもっと個性があってもよかったかな。

以前はアメリカとイギリスで映画もドラマも雰囲気が全く違うので、一シーン数分見るだけで、見分けがついたが、最近は監督やスタッフや俳優も土地柄は関係なく入り混じっているので、判らない。

いずれにせよ大変感動も楽しみもした作品でした。ヨカッタ\(^▽^)/

続きを読む "BBC Casanova(90)2011/04/23" »

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31