無料ブログはココログ

« Crazy Bunny Coaster By SuG(79)2011/01/23 | トップページ | アグネス・チャン 陳美齡 "白いくつ下は似合わない"(81)2011/01/30 »

2011年1月26日 (水)

間もなくGANTZ実写版公開 (80)2011/01/26

まだ見てませんが、マンガやアニメとはずいぶん違うストーリーなんでしょうね。

アニメでは、「あばれんぼう星人・おこりんぼう星人」で殆ど死んでからすぐ「玄野星人編」で無理やり終わりましたが、映画でも名前とキャラは一致するのでしょうか?と思ったら、
Wikiに「前編はほぼ原作を基に進むが、後編は映画オリジナルの結末で物語を終える」
という話なので、キャラはそのままでしょう。
ということは、微妙に気弱な加藤を松山ケンイチが、ひねくれてトンガッタ玄野を二宮和也が演じることになる。
楽しみ。

トレイラーでは映画に転送の時に体内の輪切りが見えてないみたいなんで、なんかコダワリ不足感があるが、エロ&グロがない分、アクションFSXは期待します。

Gantz_2

Wikiには
"原作にあるグロテスクな描写や性描写に関しては「誰にでも観られる様に、指定の付く作品にはしない」としているが、前編はPG12指定を受けた。なおPG12は保護者の同伴が望ましいという指定で、児童が観られないというわけではない。”とある。
岸本恵=夏菜の全裸シーンがあるらしいが、児童も見るのか?!?

S

クレジットでは岸本より小島が先に出ているということは、あまり岸本露出はないのか?
少なくとも、アニメにあったようなモロなHシーンはあり得ない。
小島多恵を吉高由里子というのは好みだけでいくとOK。

それよりもGANTZの由来がロボコンのガンツ先生というのは広まっているが、
そもそもガンツ先生のガンツというのはどういう意味なのか知りたいsweat01 

« Crazy Bunny Coaster By SuG(79)2011/01/23 | トップページ | アグネス・チャン 陳美齡 "白いくつ下は似合わない"(81)2011/01/30 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490341/38623209

この記事へのトラックバック一覧です: 間もなくGANTZ実写版公開 (80)2011/01/26:

« Crazy Bunny Coaster By SuG(79)2011/01/23 | トップページ | アグネス・チャン 陳美齡 "白いくつ下は似合わない"(81)2011/01/30 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31